カフェロッソのマンデリンが美味しかったレビュー

カフェロッソってちょっとした話題のお店なんです。
NEVERまとめの「ネット通販で買える美味しいコーヒー豆サイトまとめ」でも紹介されているように、「2001・2003・2005年の全日本バリスタチャンピオン競 技大会優勝、2003年世界大会7位のバリスタの店」として評判が良く口コミも多いので、これは試さずにはいられまい、と言うことで買ってみました。


cafe

カフェロッソ 概要
カフェロッソさんの華々しい経歴

カフェロッソ通販の口コミ
カフェロッソ通販を利用してみました

通販サイトではありますが、シンプルです。紙バッグ。今までが今までなので、若干物足りなさも感じつつ、いや、大事なのは梱包ではなく味だ、と思い直す。

マンデリン

今回チョイスした1つはマンデリン。ダークローストの深煎りで焙煎してくれた豆です。

マンデリン裏

インドネシア産の豆で賞味期限は焙煎から1ヶ月。

カフェロッソ コーヒー豆

コーヒー豆です。いい香り、美味しい香りがします。今までのレビューは珈琲の粉を買っていたんです。その喫茶店なり珈琲ショップがこだわって挽いてくれた状態を味わおうと思って。
ですが色々調べるうちに、またカフェロッソさんも珈琲豆のままが絶対的におすすめ、ということだったので、今回は豆から買ってみました。

コーヒー挽いた状態

珈琲を挽いた時の香りも美味しい。

膨らみ方がすごい

豆からなのですごく膨らみます。

P1250185

甘く香り深く飲みやすいコーヒー

「深く澄みわたったコーヒー」という印象です。

ショップ発表では「スマトラの伝統的な製法で豆が精製されます。 ほろ苦く、独特な香りが特徴。 懐かしくクラシックなイメージのコーヒーです。」と記載されています。

酸味がほとんど無く、かと言って苦さがきついわけでもなく、まろやかで甘さとローストの香りがふわっと薫る素敵な豆だと思います。

カフェオレに最適

実はこの珈琲を買う前に、お店に問い合わせたんです。「ホットで牛乳を入れて飲むにはどれが最適か?」という答えがこのマンデリンでした。
早速入れてみると、これが実に美味しくて、まろやかで甘くていいバランスなんです。

あんまり表現として最適じゃなくて申し訳ないのですが、一口飲んで「んー!(うん!)」って言う感じ、分かりますか(笑)
そうそうこれこれ、というマッチさ。何も邪魔しない、これぞカフェオレという味です。しかも深みのある。
懐かしくクラシックかどうかは私には分かりませんが、これぞ王道、そんな感じです。

カフェロッソのマンデリン、あり!

ブラックで飲んでも飲みやすくて、牛乳を入れても美味しい。次回購入がアリかナシかで言えば、ありありです。

ただ、冷めると風味が急に薄まる気がするので、あったかいうちに飲んでしまう事をおすすめします。

マンデリン  200g(深煎り)

マンデリン  200g(深煎り)
価格:1,300円(税込、送料別)

ライオンコーヒー バニラキャラメル ハワイのフレーバーコーヒーが凄い!

ライオンコーヒーはハワイのお土産の定番
ライオンコーヒーはハワイのお土産の定番

ライオンコーヒー。ハワイのお土産として定番のコーヒーブランドだそうですが、1864年アメリカ・オハイオ州トレドで誕生した本土っ子でした。1979年からハワイで作り始めたみたいです。

バニラキャラメルって日本限定なんですね。近所のコーヒーショップにあったので買ってみました。ちょっと表面がきつくてハワイで云々の説明書きが無かったらご縁も無かったかも。

グアテマラホンジュラス他
豆はグアテマラとホンジュラスがメイン

このバニラキャラメル、フレーバーコーヒーなので味よりも香りがメインです。

ライオンコーヒーを開封してみた。。。!?

バニラキャラメル風というよりバニラキャラメル
バニラキャラメル風というよりバニラキャラメル

謝ります。甘く見てました。開封した途端の香りに第一声「うぉ!」。これは凄いです。フレーバーが、バニラキャラメルそのものです。アリが寄ってきそうなほど、蜂が飛んできそうなほど甘い香りが部屋中に広がります。

正直このコーヒーの香り、その辺のアロマオイルより心地いいかも知れない。ずっと嗅いでいたい、バニラキャラメルの香り。

スーハースーハーを10分くらい楽しんで、いよいよお湯を。
8gなので150mlくらいで試しました。

香りほんわかだけど・・・

香りがバニラキャラメルで、、、これ、コーヒーですかね(笑)味は酸味が無く、苦味が少しあって、香りがバニラキャラメルだけどやっぱりコーヒー。戸惑いますね。味薄いなぁと感じる場合は、舌の横奥で空気を混ぜてあげると質感が変わると思います。

バニラキャラメルの香りは、開封した時のほうが強烈で心地いいので、香りだけ楽しみたい方は開封したままのほうが良いかもしれません。

フレーバーコーヒーなので味に深みを求めるなかれでしょうけれど、意外とこういうコーヒーが好き、という方は多いかも知れません。

飲み終えた後のコップからバニラキャラメルの甘い香りがいつまでも続いて、これはまた違った余韻を楽しめました。

個包装タイプよりもペーパードリップコーヒーのほうが味が濃いのかな、評価は豆のほうが高いみたいなので、機会を見つけてチャレンジしてみます。

ローソンのコーヒー MACHI CAFEをレビュー

ローソンのコーヒー MACHI CAFE
ローソンのオリジナルコーヒー「MACHI CAFE マチカフェ」。
セブンイレブンのセブンカフェに続き、ローソンのカフェもやっぱり試さなきゃねということで、買ってまいりました。

セブンイレブンはセルフサービスですがローソンはレジの後ろにあるので都度入れて頂きます。
ブラジル、ニカラグア、タンザニア、コロンビア、グアテマラの5つの豆をドリップ。

自然にもやさしい
自然にもやさしい

ローソンのマチカフェはスッキリしていて飲みやすい

ローソンのマチカフェは、セブンイレブンに比べると、酸味がスッキリしています。香りもコク深く、ロースト感が感じられます。私はローソンのマチカフェのほうが好みです。
ただ、薄いというか、軽いというか。飲みやすい、スッキリしているけれどもガツンとは来ない。上品と言えば聞こえは良いですね。アメリカン、そうアメリカン。

ドライブなどでローソンのマチカフェを頼むと、次のローソンを見かけるまでにもう飲んでしまっているというか、何倍でも飲めてしまうような軽さです。水っぽいとも違うんですよね、難しいな。

マチカフェはマイタンブラー持参で10円引きに!

ホームページで初めて知りました。タンブラー持ち込みで10円引きだそうです。90円になります。

店内に販売されているマチカフェ

ローソンのマチカフェ
ローソンのマチカフェ(販売用)

こちら店舗内を探していて見つけました。1パックドリップコーヒー。82円。

マチカフェ オリジナルブレンド
マチカフェ オリジナルブレンド
パカッと開かないタイプです
パカッと開かないタイプです

珍しいなぁと思うんですが、コーヒー粉にお湯を直接注がない、この写真の状態のままお湯をかけるんです。片付ける時も散らかる心配が無いので、これはアイディア商品だなぁと思いました。まぁ美味しければの話ですが。

マチカフェと一緒の味と…軽さ

飲んだ感想はマチカフェじゃん!という感じです。マチカフェが好きな人はこのパッケージを探してみてください。家でローソンの味が楽しめます。
味も香りも、軽さも同じ風合いです。ビターチョコを溶かしたものとは縁遠いですが、分からなくも無いかな。飲んだ後もスッキリしています。

ちょっとでも、82円は行き過ぎだろうか。


今回ローソンのマチカフェをレビューしてみましたが、ローソンのカップ、熱くないですか?あの蓋も私はずさないと飲めなかった。セブンカフェはそんなこと無いのに。ローソンさん、カップ改良を頑張りましょう!

コーヒーには生クリーム派必見!キャラバンコーヒーで感動!



キャラバンコーヒーというネットショップがあります。横浜で80年以上コーヒーを作り続ける老舗。創業がなんと昭和3年!
これはと思って注文をしてみました。

注文日が2015年4月12日 日曜日 22時でした。深夜なので実質、月曜営業時間に確認されたのでしょうが、この時の最短の時間指定が18日土曜日。時間がかかるなぁと思ったので、こういう時は「日付指定をしない=最短で届く」のがネットショップのお決まり。すると、オーダーメールに「ご注文頂いた商品は、通常1~3日営業日後を目処に発送致します。配送日時をご指定頂いている場合、ご指定の配送日時に合わせて発送致します。」の文字。
火曜日には発送の連絡があり、水曜日には到着しました。早いじゃないですか!早々に欲しい場合は時間指定だけして、日の指定はしないほうがいいみたいですね。

キャラバンコーヒー通販レビュー

箱は無地、特に企業紹介のようなものは無く、まさに味で勝負!な印象。

キャラバンコーヒー通販

キャラバンコーヒー人気No1と4月のおすすめ

注文した時のキャラバンコーヒー人気No1ゴールデンキャメルと、4月限定の1つブラジル豆ブルボンアマレロを注文。
今回頂きますものは、ブルボンアマレロからレビューします。

おしゃれなパッケージ

レギュラーコーヒーブラジル豆ブルボンアマレロ

挽きも丁寧です

香りが美味しい!

キャラバンコーヒーの口コミ

全てのコーヒー通は飲むべき一杯

私も今まで、このサイト問わず色々なコーヒーを飲んできましたが、こんなにまで飲みやすいコーヒーは出会った事がありません。雑味も酸味も無く、香り高く甘い。一口飲んだ時に「え?」と思わず言ってしまったくらい、明確に分かる飲みやすさ。奥歯のあたりにイーッとくる感覚、まったくありません。

ショップの紹介文を参照しますと、

 伝統的な農園が多いカルモ デ ミナス地区は標高1,500m程の尾根が続く マンティケイラ山脈の麓にあり、この地域特性がブラジルコーヒーとは思えない味覚特性を生み出します。国内外を問わず高い評価を受けている中から 今回はブルボン・アマレロ(ブラジルコーヒーの原種でもあるブルボン種で、 完熟果実が赤い実ではなく、黄色の品種) をお届けします。
 伝統的なナチュラル・サンドライ製法(果実を加工せず天日乾燥させ、果 肉の養分や甘みが種まで染み込む方法) で磨きをかけたコーヒーです。チョコレートのような香気と甘さが特徴です。ブラジル独特の苦みとボディが 余韻として残ります。

自信を持ってお伝えします。このコーヒーめちゃめちゃ上品です。余韻もいい香ばしさが漂うんです。スッキリ感はびっくりします。

生クリーム派は一度飲むべき

生クリームって結構あぶらっぽいと思うんですね。牛乳以上にすごく難しいと思うんです。酸味の強いコーヒーには合わないですし、生クリーム臭くなったり、逆にコーヒーが勝ち過ぎたり、結構難しいと思うんですが、このコーヒーに限っては絶妙のバランスです。生クリームのアクの強さが消え、まったりとした風味が残る中で、コーヒーのコクと香りが際立つ。

生クリーム派歴20年の知人も絶賛の実力、これは一度飲むべきです。そして後悔してください。これ、数量限定で無くなり次第終了ですから。

正直これ、いい珈琲に出会えたなと思います。200gで1,296円(税込み)。



牛乳も合うんですが、やっぱり牛乳は珈琲きゃろっとのコロンビアが勝つんですよね。

モンカフェ プレミアセレクションおまけ付きレビュー

モンカフェプレミアセレクション

この手の飲み比べられるタイプはついつい買ってしまいますね。個人的にモンカフェはハズレ無しだと思っているので安心してレビュー出来ます。今回はプレミアセレクションですが、このシリーズはいくつか期間限定の商品が出ていて、私が購入したものは東京ブレンド堀口珈琲が1つオマケでついていましたが、次に買いに行った時は別のものでした。東京ブレンドは昨年10月から2ヶ月間限定だったようで、見かけた時に買っておかないと一期一会になってしまうかもしれません。

プレミアセレクション背面
見切れているのは モカブレンド です。
プレミアセレクションは基本的には5種類です。

プレミアセレクションの種類

【モカブレンド】エチオピア、ブラジル他
【キリマンジャロAAブレンド】タンザニア、コロンビア他
【摘みたてコロンビアブレンド】コロンビア、ブラジル
【アンティグアブレンド】グァテマラ、コロンビア他
【イエローブルボンブレンド】ブラジル、ニカラグア

東京ブレンドは ケニア、コロンビアの豆が使用されていました。

モンカフェは浸からない

やっぱり見た目からもこうした浮いたドリップが私は好きです。モンカフェは何かリッチさを感じるのでそれもまた好きです。

東京ブレンド

東京ブレンド

とても清々しい、上品な口当たりです。柑橘系の爽やかさが口いっぱいに広がるコーヒーでした。香りも良く、酸味が強めですが非常にバランスの良い一杯。あっという間に飲んでしまい、もう一杯が飲めない事が残念でなりません。

喉の奥で心地よく香り続ける、そんな一杯でした。

キリマンジャロAAブレンド

P1250026

もう一杯も飲んでみました。
こちらも非常にスッキリとしていて飲みやすい一杯です。やっぱりモンカフェはハズレが無いので安心できます。酸味が強く、サラサラしていて口当たりが軽く、比べて申し訳ないのですがセブンカフェをずっと上質にした感じがします。

香りは強いとは感じませんが、鼻にスッと抜ける香りがあるのは他のドリップとは違うなと言うのが印象的(かなりモンカフェ贔屓)

P1250024

自宅で簡単に美味しいコーヒーを飲みたい、と思う方にはモンカフェがオススメです。

珈琲きゃろっと お試しコーヒーセットをレビューして良かった話 コロンビア

自宅で美味しいコーヒー 無料写真
北海道から全国へ送る素敵な香り

珈琲きゃろっと。コーヒーの広告で目にする事も多いので、このサイトでレビューしないわけには行きません。注文日が3月28日の午前9時。発送の連絡をその日のうちに頂き、3月30日に到着。北海道の会社なので、日本の多くのエリアが2日後の配送になると思います

■お届け日の目安
・北海道内の配達・・・発送日を含めて2~3日
・北海道外の配達・・・発送日を含めて3~5日
※発送連絡メールより。

この珈琲きゃろっと、聞けば本当に貴重な種類をこの初回セットで提供しているそうで、日々「数量限定」です。私が注文した土曜日の午前9時の時点で、残り注文可能数15の表示。前日の営業終了時点からのカウントダウンなのでしょうが、ギリギリでした。
平日は比較的注文数に余裕があるそうですが、土日祝日は注文数が多く、場合によっては注文を締め切る事もあるとのこと。いや、こだわりが強すぎ。

当日の発送で気になる事としては焙煎日がいつか、という事ですが、これは注文当日かその前営業日の焙煎であることが多いそうです。

珈琲きゃろっとのこだわりが強すぎて凄い

貴重な豆で生産量も少量なので、間に合わない場合はセット内容が変更になることもあるとのこと。

また生産時期によって味が変化する事があるのですが、今年の豆は味が落ちた!という時、より美味しいセット内容へ変更もあります。レビュワー泣かせにも程がありますが、それほどこだわりを持っている珈琲ショップ。さらに産地直送どころか産地に直接買い付けに行くのがこの会社です。そのこだわりが強すぎて、ウェブサイトの長さが半端じゃ無いんです、、、読むのはだいぶ疲れます。

そのこだわりを早速レビュー

珈琲きゃろっと通販
箱がおしゃれ。

珈琲きゃろっと同梱物
珈琲きゃろっとのセット内容

個人的にこのくらいの同梱物の量が一番落ち着きます。前回が豊富過ぎましたね。【きゃろっと通信】は今後も発行されるのでしょう、ファイル化されて届きました(左上)。かなり完成度が高いです。

グアテマラが固定で、もう1点はコロンビアかマンデリンが選択できます。
私はコーヒーセットはグアテマラとコロンビアの2セットでオーダーしました。
今回のレビューはコロンビアをいただきます。

珈琲きゃろっとの小冊子
珈琲きゃろっと流のたて方など嬉しい1冊

この小冊子がとてもありがたくて、お店で飲む味に近づけるコーヒーの作り方が写真付きで記載されています。もちろん今回はこれにしたがってコーヒーを淹れます。

私事ですが、こういう写真にロイヤルコペンハーゲンのブルーフルーテッドを使う気配りがこだわりを物語りますね。知らない土地の情報誌で喫茶店を探す時に、こういったブランド食器を絵に用いるお店をチョイスすればハズレはありません。コーヒーのこだわりはカップに現れると思ってますから私にとっては大事な目安です。

ガス抜きバルブ
ガス抜きバルブ

この袋の後ろの穴、中からの写真が下にありますが、ガス抜きバルブです。コーヒーの酸化を食い止めてくれるのだそうです。

豆の香りが“美味しそう”ではなく“美味しい”
豆の香りが“美味しそう”ではなく“美味しい”

ジップロックになってるのが嬉しいですね。そのまま保存出来ますから。詰め替えをしたい人のためにシールが剥がれやすかったらもっと良かったかも。それにしてもこの珈琲粉の香りが今までに経験した珈琲の中でも格段に美味しい。香りが美味しそう、は多いですが、香りが美味しいのは稀。甘い香りなのでずっと匂いをかいでしまうほど。

コーヒーを淹れる風景
コーヒーの膨らみ具合。香ばしい匂いがしてきそう?

コーヒーを淹れる時はあまり香りも立ちません。徐々にうまくコーヒーを淹れられるようになったのは嬉しいところ。ほのかに香ばしい香りが漂っております。

イタリアンフルーツとともに
イタリアンフルーツとともに

期待を超えないコーヒーと思わせといて

同封のプリントによりますと、このコロンビア・ヴィラ・ファティマは、フローラルで豊かな香り。複雑に絡み合うピーチやマスカット、アプリコットを感じるフレーバーは温度変化とともにベリーに変化。マイルドな酸味、花のような風味が香り美しい余韻を残す、アロマティックなコーヒーとありました。

飲んでみた率直な感想。香りは確かにフローラルで爽やかだけど弱い。飲みやすいけど、言うほどアロマティックでもない。ピーチもマスカットもアプリコットも出てこなくて、自分の味覚嗅覚を疑ってかかる。いや、美味しいコーヒーなんだけど、言うほどのもの?と。直前の粉の香りが非常によかったし、プリントの文言のせいもあってとても期待値が高かった分、残念感強め。

濃さを色々変えてみたり、淹れなおしてみてもやっぱり同じ。いい加減3杯目だし、胃が苦しくなってきたので牛乳を入れてみたところ驚愕

今まで飲んだカフェオレで余裕の1位

牛乳を入れただけでフローラルな香り倍増!しかも甘さも増しているし、ピーチもマスカットもアプリコットも分かる。表現として好きではないけど、【美味しすぎる】カフェオレブラックで3杯飲んだあとに4杯のカフェオレを飲める、もうこの事実以上に言葉は不要です。この記事をまとめている時でさえ5杯目を飲んでるわけですから。

カフェオレにした途端香りが全面に出てくる、甘さもちょうど良く、アロマティックなコーヒーの意味が分かりました。これは美味しい。この風味がブラックの状態でも分かる方が羨ましい。このレビューサイト云々があるので多種多様なコーヒーを飲んでいますが、そうでなければ恐らくこのコーヒーで固定されただろうと思います。
ミルク派なら絶対これ。自信をもっておすすめします。

大人気の【送料無料】お試しセット コーヒー通の豆専門店

珈琲きゃろっと

セブンイレブンのコーヒーとセブンカフェは違う

セブンイレブンのドリップコーヒー
セブンイレブンのドリップコーヒー

セブンカフェとは全く別物

セブンカフェの味を家庭でも、そう考えてセブンイレブンでドリップコーヒーの粉を購入する方も多いかもしれません。コーヒーコーナーを見ると幾つかありましたのでそのうちの1個がこちら。その名もドリップコーヒー。

10袋入り265円。1杯あたりなんと26.5円!セブンカフェの4分の1ですね。

製造元はUCCが担当
製造元はUCCが担当

背面を見ると、「この商品はセブン&アイグループとUCC上島珈琲株式会社の共同開発商品です」と記載されています。賞味期限はほぼ1年。レギュラーコーヒーでコーヒー豆はブラジルコロンビア他。

セブンカフェはアラビカでしたね。

パッケージは極めてシンプル
パッケージは極めてシンプル

通常のドリップコーヒー
ちょっと深めのマグカップのようなもので無ければフィルターが浸かってしまうかと思います。フィルターが浸かってしまうとエグみが移るし、とはいえ美味しい飲み方には140mlと書かれているので、そうなると背の高いマグカップしか無いかなと。

残念ながらというか、当然ながらというか、挽きたてのような泡立ちは無く、味についてはセブンカフェとは全く違う。セブン&アイグループとUCCの共同開発という響きだけがひとり歩きしているような。

コーヒーが無かったら飲むと思う

美味しいとか、まずいとか、そういう事ではなくて、「まぁコーヒーだよね」という印象しかない。アメリカンな薄味で、酸味もそんなに無く、甘味はあるけれども香りが微妙。1杯あたり26.5円と聞けば確かに納得するけれども、セブンカフェみたいに100円まで上がったらリピートはしない。昨今のドリンクバーでもこれより美味しいと思うと、26.5円をドリップする意味あるのかなと疑問に思う。

とりあえずコーヒーが必要なシーンに

会社や自宅のちょっとした来客用にストックしておくようなものかと思います。賞味期限1年もあるのでメーカー側もそういう意図なのかなと思います。それなりにコーヒーではあるけれども、趣味で飲むものとは違います。少なくともセブンカフェはレベルが高いのだな、そう思えた事が収穫でした。

あまり気が進まないけれども、余韻がマズイ。

土居珈琲 初めてのセット グァテマラをレビューしてみた

前回土居珈琲の初めてのセット ブラジルダテーラ農園ブレンドをレビューしました。
今回はもうひとつのグァテマラ カペティロ農園ブレンドをレビューしていきます。

今回は左のカペティロを頂きます
今回は左のカペティロを頂きます

グァテマラは北米と南米のちょうど中間に位置するコーヒーの産地です。コクと甘い香りが特徴という事で、土居珈琲のラベルにも同様に表記されています。

【柑橘系の果実の爽やかさとナッツの甘さをあわせ持つ、品性の高い香り。後味にチョコレートの甘さが残る。】

土居珈琲のグァテマラ
土居珈琲のグァテマラ

プロの焙煎に敬意を払い、出来る限り平に整えて準備をする。見た目はどれも同じに見えるけれども、広がる味の違いにこのあと驚く事に。

のの字を描くように外側へ、そしてまた中心へを繰り返します
のの字を描くように外側へ、そしてまた中心へを繰り返します

いつもより上手く注げるとそれだけで幸せな気持ちになります。なるべく空気を入れずに、でも注ぎ過ぎないように注意をしながらのの字を描く。

淹れたての土居珈琲のグァテマラ
この時点での香りはさほど強くありません

前回が喉の奥から鼻にすぅっと抜ける余韻が特徴的であったので、今回はどんなものかと期待感を持ちつつ。

嫌な感じ一つせず、自然と喉に通っていく香りたち

ダテーラとは全く、全く違う味にやはりコーヒーは奥深いなと思わされます。朝から2杯でも飲めるくらいにあっさりとしていて爽やか。酸味が強くなく、どの印象もしつこくない。甘味があって、強くは無いですがローストされた香りもしっかり感じる事が出来ます。

セブンカフェを飲んで、味が雑いなと感じる人であれば、その雑味が無く上品なものがこれであると思って問題無いと思います。口当たりの良さは断然土居珈琲が勝りますし、飲み比べをするとセブンカフェのほうが胃にぐっと来るのが分かるかと思います。

コーヒーが苦手な人でもこれなら、と思える一杯だと思います。ミルクも合いますが、あっさり目なのでいつもより気持ち少なくしておくといいかもしれません。

土居珈琲のグァテマラ
土居珈琲のグァテマラ

物は言い様、表現はしたもの勝ち

柑橘系の果実の爽やかさとナッツの甘さをあわせ持つ、品性の高い香り。後味にチョコレートの甘さが残る。

上記は土居珈琲のラベルの表現ですが、これが柑橘系の香りや味がするものでも無ければ、チョコレートの味がするものではありません。柑橘系と思えるくらいの爽やかさと、ナッツのような甘さがあって、後味はチョコレートを食べた時のような甘さが残るという比喩。
ただものは言い様で、たしかに飲んだ口の中の印象はオレンジを食べた時のような爽やかさがありますし、ほのかな甘味があります。飲み終えた時にはほのかに香りがただよい、抑えめながら甘さと若干のほろ苦さが残りますので、表現としてはある意味で的確だなと思います。どれだけこのコーヒーを考えればこの表現が出るだろうと思うと、さすがいつもコーヒーの事ばかり考えているという土居さんのストイックさが感じられます。

香りについては誤解のないように

ただカペティロの香りが5段階で5、ダテーラが4なのですが、私の感じるところだとこれ要注意と思います。情熱的なダテーラがガンガン香りたたせて来るのに対して、カペティロは上品にほのかに薫るというのが私の印象です。ナポレオンとマリーアントワネットとでも言いましょうか。

コーヒーとして評価される香りの段階で記載されているはずです。香りの強さで言えば断然ダテーラが勝ります。ただ、いわゆる上質なコーヒーの香りという評価がカペティロが上である、という事なのでしょう。香りが5だからより香ってくるという事では無いようです。香りの上質さと言えばしっくり来ます。


総評

土居珈琲の初めてのセットを今回頂きましたが、総じて本格派コーヒーの美味しさを体感できた事は非常に満足でした。特にダテーラについては、香りを愉しむという意味が何であるかを初めて知り得た感動を得ました。カペティロについては、当サイトの基準となるセブンカフェとの差を実感でき、本格派コーヒーの奥深さを再発見出来たように思います。

個人的には非常に面白い組み合わせ、正反対のブレンドだと思います。好んで飲むのはグァテマラです。ただタバコを嗜む方であればダテーラの煙る感じは癖になると思います。口コミで広がっているのも、これは確かにちょっと飲んでみてと言いたくなるほど「違いが分かる」からだと思います。買って良かったかと問われれば、買ってよかったと言える初めてのセットです。量も丁度良いですし、送料無料ですしね。



今、クチコミで話題の「極上のコーヒー」をご紹介します。

セブンイレブンのコーヒー、セブンカフェって実際どう?

5億杯飲まれるセブンカフェの魅力

セブンイレブンの店頭コーヒー、コーヒーを日常的に飲む人なら1度はお世話になった事があるでしょう。セブンカフェが美味しいと広がり続けていますが、他のドリップコーヒーと比べてみると1つの魅力に行き着きました。

参照:セブンイレブンウェブサイト
参照:セブンイレブンウェブサイト

3つのこだわり、香り、コク、後味。そのために1杯1杯をペーパードリップ。アラビカ豆をウォッシュド方式で精製。

セブンカフェのLサイズを買ってみた

セブン-イレブンの店頭で販売されるLサイズ。イメージ画像とはやはり天と地の差。
セブン-イレブンの店頭で販売されるLサイズ。イメージ画像とはやはり天と地の差。

一言で言えば、邪魔じゃない

セブンカフェはコンビニでドリップコーヒーを売るという、常識を覆した業態転換で一躍話題になったサービスです。それまで好調だったマクドナルドの100円コーヒーを不調に追い込むほどの勢いが今もなお続いています。5億杯からさらに上方修正し、6億杯、7億杯も視野に入れて拡大しているコーヒーがセブンカフェです。

ちょっと外出した時にホット一息つくコーヒーとしてはとても優秀で、飲みやすく、後味さっぱりでコーヒーを飲んだな、という感じがします。飲んだ後すぐに活動した場合、コーヒーを飲んだ事を忘れるくらい引っ張らない。あっさりとしています。口の奥で香りが漂うものの、鼻に抜けるほどではない。上品に言えば余韻が短いです。

100円だし、まぁこんなものだよね、となるのはここにあるのかなと思います。

仕事の合間に飲むコーヒー

香り高くてコクのある、香りが良くてクセになる、酸味が少なくてコクが深くキレがいい。セブンカフェの評判ですが、コンビニコーヒーで比べてみると確かにそういう評価になります。ただやっぱり自宅で入れるこだわったコーヒーと異なるのは、味が二次元的と言うか、確かに飲んだそばから香りもするしキレもいいのですが、奥深さが無い事でしょうか。酸味もさほど引っ張らないので、コーヒーを飲んで「イーッ」となる事がなく、舌にまとわりつく苦味もありません。それまでの気持ちを一新して、新しい取り組みを始める合間の1杯としてはとても好ましいコーヒーです。

今後の基準となる一杯

これから様々なコーヒーをレビューするにあたり、セブンカフェが基準の1杯となります。このセブンカフェに対し、専門店や手軽さを謳うコーヒーがどう評価できるのか、しっかり飲み比べて行きたいと思います。