市販品

スターバックス トリビュートブレンドもドリップ

スターバックス スリーリージョンブレンドに引き続き、トリビュートブレンドもレビューしていきます。

トリビュートブレンド

スターバックスのトリビュートブレンドも試してみます

スターバックスのトリビュートブレンドも試してみます

オフィシャルの説明書きは下記の通り
「スパイシーさやハーブ、ダークチェリーの風味としっかりとしたコクが特徴。スターバックスの歴史において重要な役割を果たし、お客様やバリスタに愛された、4種類の産地、3つの加工法、そして熟成させたコーヒーの全てをひとつにブレンドした、複雑な風味のコーヒーです。」スターバックスウェブサイトより。

ドリップするもちょっと泡立たない

ドリップするもちょっと泡立たない

時間が経過している事もあり泡立ちはスリーリージョンブレンドに比べて弱め。ただ泡立たないからといってどうという事ではないようです。

喉の感覚がちょっときになる

喉の感覚がちょっときになる

ちょっと駆け足で写真を紹介していきました。

喉の奥にピリリと来る苦さ

飲む前の香りからしてちょっとスパイシーっぽさが漂っている、そんなローストの香りがします。飲んでみるとかなり苦い。ちょっと薄めてあげるとスッキリ飲めるかと思います。コクはとてもあります。イメージしろと言うほうが無理ですが、「私コーヒーですー!」と言わんばかりの苦さ(酸味?)と香り。「わかった、わかったから!」と言いたくなるようなコクです。

飲み込んだあと喉の奥で、お酒を飲んだようなキリッと感を感じます。若干私は苦手ですけど。

ちなみに砂糖を入れてミルクをたっぷり入れると美味しいカフェオレになります。ホットカフェオレのほうが◎でした。