ミディアムローストの洗礼 ハワイのカウコーヒーレビュー

カウコーヒー ミディアムロースト

カウコーヒーを購入。その頃私は、ミディアムローストがどういう事を意味するのか、本当は知らなかったのです。

ゴールデンウィーク、近場のショッピングセンターでセールで賑わっていた。

コーヒーレビューサイトを作成する私の足は、当然のようにコーヒーショップへ向かっていた。

カウコーヒー 鳥の絵

そこで目にしたのはカラフルな鳥のパッケージ。

きれいなパッケージ、爽やかさが伝わってきそうなイキイキとしたパッケージ。

しかも割引表示で3,000円近い価格が2,200円。カウコーヒー、隣にはコナコーヒー。

ハワイ特集か、なるほどなるほど。コナコーヒーは1,800円ほどだった事もあり、

高い物は良い物だと信じる私の心は3羽の鳥に決まりかけていた。

「ハワイを代表するコーヒー!抑えめな酸味と深いコクがクセになります!ミルクにも合いますよ!」

私の記憶が確かならば、商品説明はそう書いてあった。ミルクに合うなら、その時点でブログの内容はほとんど決まったも同然だった。

カウコーヒー詳細

カウコーヒーはさすがハワイの商品らしく、パッケージは大半が英語で書かれている。

日本語しか分からない私のヒントになるのは、ミディアムロースト、粉、そしてハワイだけだった。

物は試しだと思い、私はレジへ足を向け、意気揚々と帰宅した。

中挽きミディアムロースト

開封してみると、なんだか香りが香ばしくない。なぜだろう、ハワイはこんなものなのだろうか。

コーヒーの香りというより、草や土、自然の香りに近いような。

いや、私はまだ新参者である。知らない世界の方が多いのだから変な事は言わずにまずは飲んでみよう。

泡

泡立ちも少し違うような。香りも香ばしくないな。でも元値200gで3,000円もするのだ、きっと世界が広がるはずだ。よし、出来た。まずは一口・・・

とても酸っぱいミディアムロースト

酸っぱ!!!!!!

ミディアムローストは酸味が強い

先に勉強しておくべきでしたね。というかそれを知らずにコーヒーレビューしていてごめんなさい。
えっと、カフェオレ好きな私にはキツめでしたが、酸味とは?ということが一瞬で理解できました

改めて言わせてもらうと、セブンカフェの酸味はキレの悪い酸味。「セブンカフェ 不味い」で調べてこのブログにたどり着く方が多いのも納得しました。

カウコーヒーの酸味ですが、キレッキレです。口に含んだ瞬間ブワッと口いっぱいに広がる酸味ですが、飲み込んでしまうとサーッときれいに去っていきます。熟す前のベリーのように強い酸味。でも全然嫌な気がしないんです。ほのかに甘いですし、口当たりスッキリなんです。正直、これ凄い飲み物だなって思います。

いや、ほのかに甘いと言ってもなるほどミディアムロースト、酸っぱいです。もうちょっと行くと渋いになるほど酸っぱい。

酸味が強いくせにミルクに合う奴

このコーヒー、そのまま飲んでいくのがキツかったので、牛乳を同じくらい入れました。酸味も強いし美味しくはならないだろうなと思っていたら、これが凄く美味しい。今までの酸味の強いコーヒーは、牛乳を入れると酸味の嫌な部分だけが残って、なんとも言えない味になっていたんですが、このカウコーヒーミディアムローストだけは、酸味がきれいに消えます。

あれほど強い酸味だったのに、きれいに消えるんです。やや苦目の、遠くにかすかに酸味を感じる大人カフェオレ。

やっぱりこれ凄い飲み物だなって思います。

で、肝心の買える場所なんですが、ネット通販ほとんど売り切れていて、紹介出来るところがありません。。。
この鳥のパッケージ、探しておきますね。

この記事を仕上げている間もちょっと飲んでますが、酸っぱいです。
ただ、お湯の量をちょっと足して上げると酸っぱいのがマシになります。珈琲きゃろっと風美味しいコーヒーの淹れ方を試すと、案外スススっと行けます。でも、酸っぱい。

追記
あまりの酸っぱさに最初は豆がおかしいのかと思った程で、(結果私がおかしかったわけですが、)助けを求め色々探しているとこちらのハワイブログに答えがありました
色々お教え頂けて感謝致します。次機会があればダークローストで美味しさを確かめます。

皆様も、焙煎度合いにはくれぐれもご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です