スターバックス スリーリージョンブレンドレビュー

スターバックスから今の豆を調達してみました
スターバックスから今の豆を調達してみました

春めいて来ましたね。桜は今年は関東のほうが早いみたいです。そんな中、スターバックスに立ち寄ると春めいたパッケージが。スリーリージョンブレンド。そのとなりにトリビュートブレンド。
このサイトを始めるまで、スタバで豆なんて買わなかったけど、新しいチャレンジ!春ですし!

豆で買おうと思ったけどこういう時はお店の方にお任せ。ネットだと250gしかないけど、店頭だと100gでもOK!しかも豆を挽いていただく間に試飲どうぞ~と小さなカップが出てきた。こうした心配りってコーヒー以上に温まりますよね。

最初あまり説明見てなかったので、スリーリージョン、ラテン系の有名人かな?コーヒーの偉い人かな?と思ってた自分が恥ずかしいです。3Region、つまり3つの地域をブレンドしたコーヒーだそうです。スリー・リー・ジョンさんって誰ですか?って聞かなくて良かった。

開けたところ
開けたところ

さて、スリーリージョン100gは個包装をしてもらいました。250gですとオンラインショップのような専用の袋に入っています。
留め具がこんな感じですから、保管するにはちょっと頼りない。詰め替えたほうが良さそうです。

丁寧に挽いて頂きました。ありがとう。
丁寧に挽いて頂きました。ありがとう。

専用マシンだと思いますけど、丁寧な挽き方ですね。

土手を崩さないように!20gでじっくりと。
土手を崩さないように!20gでじっくりと。

前回10gの悲劇を見ましたから、一人分でも20gでじっくりと入れます。お湯をドバドバ入れると側面からコーヒーフィルターを通らずに落ちるので、出る量は多くなりますが味が薄まるので、土手からはみ出さないように慎重に楽しく濾過。

3リージョンブレンドの完成
3リージョンブレンドの完成

スターバックス スリーリージョンブレンドの感想

ハーブの香りにココアのような舌触りをともない、かすかにレモンやカシスを感じる味わい。
スターバックスの公式発表の文言がこのような内容です。
飲んでみた時に、酸味が喉にグッときます。苦いローストの香りの風合いはありません。ん~自分の味覚の問題か?と思って探してみた。一番共感するのはこちらのサイトさんでしたね。正直すぎて勝てる気がしません。

確かに美味しいです。濃い目にすると(まるでレモンのように)喉の奥が焼ける感じがしますが、飲んだ余韻としては非常に心地よいです。ハーブの香りは言い過ぎかなと思うにしても、コーヒーとして香りもグッドだと思います。何ハーブだろうと探してみるも、ミントでもない、レモングラスでもない、強いて言えば爽やかなコーヒーしかない。

濃い目のまま牛乳でカフェオレを作って見るとやっぱり無理があるので、ちょっと薄めてカフェオレにしたところ、ミルクとの相性もいいと思います。

非常に飲みやすい酸味の、春の朝から飲めるものだと思います。飲むときの香りについてはさほど強くない、むしろ飲んだ後の香りがより感じてもらえるかと思いますし、心地良いです。甘味は弱めですね。個人的に、これもっと上を目指せたんではないかと思うスリー・リー・ジョンさんでした。

余談

各社さん一様に表現力が素晴らしくて、たまに自分の味覚だけがおかしいのではないかと思えてならない。コーヒーレビューをしておきながら何をか言わんやですが、コーヒーとしてものすごく極端なものがどこかに無いかな。例えば思いっきりレモンとカシスが味わえるコーヒーとか。ほんと繊細すぎて困る時があります。。。オレンジのような酸味と聞いてオレンジを食べてみるものの、オレンジの酸味とは異質な酸味だったりしますし。コーヒーの淹れ方が違うのかな?いや、バレンシア地方のオレンジだとこういう酸味なのかな?とか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です