セブンイレブンで買うならこのコーヒー

セブンイレブンスペシャルティーコーヒー

セブンイレブンのコーヒーって思った以上にたくさんありまして、ただ美味しいと思うコーヒーが意外と無い。もちろん好き嫌い、味の好みですが、私は個人的には大衆受けする味覚を持っていると思っています。その味覚からすると、先にお伝えしますが、セブンイレブンでコーヒーを選ぶとしたら、私はこれがオススメです。

スペシャルティーコーヒー UCC上島珈琲共同開発

前回はもう本当におすすめしない美味しさだったUCCとの共同開発でしたが、これは申し訳ない、アリと思います。

セブンカフェより美味しい。

ブラジルとガテマラのブレンドです。

セブンカフェより美味しいと思う

深めの焙煎 スペシャルティーコーヒー

しっかり焙煎

ドリップコーヒー セブンイレブン

セブンカフェより美味しい

苦味のコーヒー

セブンカフェが酸味のコーヒーだとすると、スペシャルティーコーヒーは苦味のコーヒーです。酸味も残っていますが苦味が強く、香りもローストされた程よい余韻が漂います。まったく期待していなかった分、これはアリだなと思わせる実力、確かにありました。

絶賛かと問われると微妙ですが、セブンイレブンで選ぶとするならこのコーヒーをオススメします。香りとしては私はアップルに近しい香りを感じます。

463円で20杯分ですから、1杯あたり23円。業務用コーヒーとしてもこれがベターだと思いますよ。

苦味があるのでミルクにも合う

コクや深みといった点では専門店の鮮度の良い焙煎ブレンドには及びませんが、気軽に買える、気軽に飲めるという点では余裕の合格ラインを超えるコーヒーだと思います。あえて悪い言い方をすれば、無難なコーヒーと思いますが、1杯23円ですから、セブンカフェを飲むより自宅で美味しいコーヒーを飲めるなら私は断然これを選びます。

カフェオレ派は逆にセブンイレブンではこれしかないと思います。苦味のコーヒーは牛乳を入れると甘味が引き立ちます。がぶ飲み派にもおすすめです。


セブンイレブンはずっとハズレばかりでしたが、これはアリです。一番飲みやすいと思いますし、これについてはさすがUCC!と思ってしまいました。
他にもあればレビューしたいとおもいます。

ファミリーマートのコーヒーはまずい?

ファミリーマートのコーヒーは薄すぎる。

ファミマのコーヒーはまずい?

セブンイレブンのコーヒーは酸っぱかった
ローソンのコーヒーは軽すぎた
ファミリーマートはどうでしょうか。

ファミマのコーヒーはコーヒー風味のお湯

店舗によってズレがあってはいけないし、こういうレビューは単に感想を感情のまま書いて迷惑をかける事が最もいけないと思うので、私のレビューは出来る限り2杯は飲むようにしています。

2店舗、別の場所でファミリーマートのコーヒーを飲みました。
ファミリーマートのコーヒーは薄すぎです。特に淹れたてに口をつけるとコーヒーなのか何なのか分からなくなるほど味がしません。ちょっと冷めてからがコーヒー風味なのですが、それでもやっぱり薄いので、せっかく豆からの機械で作っているのに残念感が強いコーヒー。冷めきると不味いという救いようの無さ。正直なところリピートは無いです。
とは言え、このコーヒー豆が悪いのかと言うとそうではなく、恐らく豆だけをもらい、挽いて淹れるととても美味しいだろうなと思います。

ファミマのコーヒーを自宅で簡単に再現する方法

ファミリーマートのコーヒーの味を自宅で簡単に再現する方法があります。土居コーヒーのダテーラのような香りとコクの深いコーヒーを、ドリップの際に何も考えずドバドバお湯を注いで、超高速で淹れてしまうと、まるで同じ味(の薄さ)が誕生します。

香りは遠くにコーヒー、味はそれなりに苦くて、でも総合するとお湯。

ドリップコーヒーが好きでファミリーマートを利用している方は居ないんじゃないかと思う。あれで1杯100円は高すぎます。25円くらいが妥当です。

オフィシャルのこだわりに対して

コーヒーの美味しさは何よりも「生豆」の品質が重要です。その考えのもと、ブレンドする豆に、新たに華やかな甘い香りや上品な酸味が特徴のグアテマラ産を採用しました。
 →豆は良い豆を使っているんだろうなぁという事は分かります。淹れ方のせいか、香りや酸味はどこかに吹っ飛んでいます。

コーヒー豆は、メニューに合わせてブレンドする品種を変えています。また、品種ごとに個別に焙煎(単純焙煎)した後にブレンドすることで、コーヒー豆のおいしさを最大限に引き出しています。
 →今回はブレンドだけをSサイズ、Mサイズで頂きましたが、ブレンドに関して言えば、最大限とは言いがたいです。

一杯ずつコーヒー豆を「挽く→蒸らす→抽出」の工程を実施するので、いつでも”挽きたて”&”淹れたて”のおいしさがお楽しみいただけます。
 →無駄に熱い。挽きたて&淹れたての美味しさは、ドリップコーヒー好きほど楽しめないんじゃないでしょうか。

生乳に濃厚なエスプレッソコーヒーを加えたカフェラテです。生乳の美味しさが失われない様に、少し低めの温度で提供しています。
 →普通のブレンドコーヒーも低めの温度のほうが香りもコクも残るかなと感じます。

高い圧力をかけて抽出するエスプレッソ抽出式のコーヒーマシーンを使用することで、コーヒーの香りやコクがより引き立ちます。また、特に女性に人気の「カフェラテ」など、きめ細かい泡立ちのミルクメニューもお楽しみいただけます。
 →機械、変えたほうが良いのでは?

酸味が美味しいカフェロッソ ロッソブレンドベーシック

カフェロッソ ロッソブレンドベーシック
カフェロッソ ロッソブレンドベーシック

カフェロッソ一押し 初めての人にはこれ

カフェロッソさんに、おすすめのコーヒーを質問したところ、

「当店で初めてお飲みいただく際におすすめしておりますのは「ロッソブレンド ベーシック」です。ドリップコーヒー用として一番人気のある定番のブレンドです。」

との回答を頂きましたので、当然この商品を注文するのがコーヒーレビュワーとしての使命です。

4月30日に注文をしまして、5月1日に発送の連絡、5月2日に到着しました。特に通販で不安になることはありませんでしたが、ストレスはウェブサイトがごちゃごちゃしている事くらいでしょうか。すぐに届いていい感じです。

ブラジルとケニアが主
ブラジルとケニアが主
ドリップコーヒー 中煎り豆
中煎り

中煎りなので前回、前々回の豆に比べて色が明るいですね。匂いはとてもいいです。美味しい匂いがやみつきになっています。

P1250201

粉にしても美味しい香り。

P1250202

レビューと関係ないですが、この注ぐ仕草と写真撮影を同時に行うのって難しいんです(笑

下から透かすときれい
下から透かすときれい

コーヒーって真っ黒という印象だったんですが、光にかざすときれいな色しているんですよね。情熱的です。

P1250207

ブラックで美味しい。ブラックが美味しい。

まずこのロッソブレンドベーシック、200gで1,080円なんですよね。1杯10gとすると20杯分。1杯あたり50円です。
1杯あたり50円なんだけど、このベーシック超うまいです。

まず酸味が美味しいコーヒーを好む方にはオススメです。酸味がスッキリ通って行きますが、雑味じゃなくて甘い酸味。それに舌がシトラス系を口にした時のような爽やかさで包まれる。

さらに、良く「チョコレートのような」という表現がされるコーヒーがあるんですけれども、正直「コーヒーにチョコレートなんてあるのか?」と懐疑的だったんですが、これまさにチョコレートようなの後味です。

ショップの説明が

酸味、甘み、コク、苦味、すべてにおいてバランスのとれた定番のブレンドです。毎日のコーヒーに。プレゼントにもピッタリです。

と記載されていますが、まさにです。これは私も毎日飲みたい。

ドリップコーヒーのブラックで美味しいと感じるのは私にとっても衝撃的。これが美味しい酸味というやつか!と一気に2杯飲んだくらい美味しい。
自宅で美味しいコーヒーを飲む、それが私のサイトのコンセプトですが、ランキングを作るなら間違いなく上位に食い込む美味しさです。

カフェロッソ 口コミ

最後に、ショップの口コミでまさにと共感できたものをご紹介します。

味・香り共に気に入ってます。
いろいろなお店のを買いましたが、こちらの豆を買ってから
とにかくコレ!です。
毎日、飲むのにも飽きがきません。

日本トップクラスの焙煎士、恐れいりました。。

ロッソブレンド-べーシック-  200g(中煎り)

ロッソブレンド-べーシック-  200g(中煎り)
価格:1,080円(税込、送料別)

カフェロッソのドルチェブレンドがもっと美味しかったレビュー

ドルチェブレンドは清々しいパッケージ
ドルチェブレンドは清々しいパッケージ

カフェロッソさんのドルチェブレンドもオーダーしていたので頂きます。

グァテマラとインドネシアが主
グァテマラとインドネシアが主

美味しそうな珈琲豆

深煎りの美味しい香りが部屋中に漂うのは最高の瞬間ですね。

勢い良く膨らむ珈琲豆
勢い良く膨らむ珈琲

豆を挽いたばかりだと勢いよく膨らんでくれるのでとても楽しい。

淹れたて珈琲を頂きます
淹れたて珈琲を頂きます

ブラックで飲む贅沢

酸味は強くなく、苦味がややありますが、にっがーいと言うことはありません。イメージ爽やか。焙煎された香りが喉に伝わり、口の中に漂う余韻もマンデリンより長いし上品。非常に飲みやすいコーヒーだと思います。甘いお菓子、ケーキなどとの相性も抜群でした。ちなみに私はモンブランと一緒に頂きましたが、なんとも絶妙なコンビでした。

牛乳を入れると確かに美味しいのですが、それ以上にブラックの飲みやすさが上回るので、何か物足りなさを感じます。ブラックに口つけずカフェオレでいきなり飲めば相当に美味しいのですが、ブラックを飲んでしまうと、入れないほうが良かったかもね、と思うはず。ちなみに牛乳はたっぷり目に入れるほうが甘みがぐんと増します。少量の牛乳だと平べったい味になります。

色々書いてますが、これ非常に美味しいと私は感じています。ドリップコーヒーの醍醐味というか、ドリップコーヒーじゃないと出ないコクの深さが味わえる、すごいコーヒー。ブラックで飲み続けたいと思ったのはこのコーヒーが初めてですから。

日曜日の朝、昼、読書中、のんびりしたい時に落ち着ける一杯がまさにこのドルチェブレンドかな。
私の部屋に誰か遊びに来てくれた時に出すならこの一杯です。

ドルチェブレンド  200g(深煎り)

ドルチェブレンド  200g(深煎り)
価格:1,200円(税込、送料別)

カフェロッソのマンデリンが美味しかったレビュー

カフェロッソってちょっとした話題のお店なんです。
NEVERまとめの「ネット通販で買える美味しいコーヒー豆サイトまとめ」でも紹介されているように、「2001・2003・2005年の全日本バリスタチャンピオン競 技大会優勝、2003年世界大会7位のバリスタの店」として評判が良く口コミも多いので、これは試さずにはいられまい、と言うことで買ってみました。


cafe

カフェロッソ 概要
カフェロッソさんの華々しい経歴

カフェロッソ通販の口コミ
カフェロッソ通販を利用してみました

通販サイトではありますが、シンプルです。紙バッグ。今までが今までなので、若干物足りなさも感じつつ、いや、大事なのは梱包ではなく味だ、と思い直す。

マンデリン

今回チョイスした1つはマンデリン。ダークローストの深煎りで焙煎してくれた豆です。

マンデリン裏

インドネシア産の豆で賞味期限は焙煎から1ヶ月。

カフェロッソ コーヒー豆

コーヒー豆です。いい香り、美味しい香りがします。今までのレビューは珈琲の粉を買っていたんです。その喫茶店なり珈琲ショップがこだわって挽いてくれた状態を味わおうと思って。
ですが色々調べるうちに、またカフェロッソさんも珈琲豆のままが絶対的におすすめ、ということだったので、今回は豆から買ってみました。

コーヒー挽いた状態

珈琲を挽いた時の香りも美味しい。

膨らみ方がすごい

豆からなのですごく膨らみます。

P1250185

甘く香り深く飲みやすいコーヒー

「深く澄みわたったコーヒー」という印象です。

ショップ発表では「スマトラの伝統的な製法で豆が精製されます。 ほろ苦く、独特な香りが特徴。 懐かしくクラシックなイメージのコーヒーです。」と記載されています。

酸味がほとんど無く、かと言って苦さがきついわけでもなく、まろやかで甘さとローストの香りがふわっと薫る素敵な豆だと思います。

カフェオレに最適

実はこの珈琲を買う前に、お店に問い合わせたんです。「ホットで牛乳を入れて飲むにはどれが最適か?」という答えがこのマンデリンでした。
早速入れてみると、これが実に美味しくて、まろやかで甘くていいバランスなんです。

あんまり表現として最適じゃなくて申し訳ないのですが、一口飲んで「んー!(うん!)」って言う感じ、分かりますか(笑)
そうそうこれこれ、というマッチさ。何も邪魔しない、これぞカフェオレという味です。しかも深みのある。
懐かしくクラシックかどうかは私には分かりませんが、これぞ王道、そんな感じです。

カフェロッソのマンデリン、あり!

ブラックで飲んでも飲みやすくて、牛乳を入れても美味しい。次回購入がアリかナシかで言えば、ありありです。

ただ、冷めると風味が急に薄まる気がするので、あったかいうちに飲んでしまう事をおすすめします。

マンデリン  200g(深煎り)

マンデリン  200g(深煎り)
価格:1,300円(税込、送料別)

ミディアムローストの洗礼 ハワイのカウコーヒーレビュー

カウコーヒー ミディアムロースト

カウコーヒーを購入。その頃私は、ミディアムローストがどういう事を意味するのか、本当は知らなかったのです。

ゴールデンウィーク、近場のショッピングセンターでセールで賑わっていた。

コーヒーレビューサイトを作成する私の足は、当然のようにコーヒーショップへ向かっていた。

カウコーヒー 鳥の絵

そこで目にしたのはカラフルな鳥のパッケージ。

きれいなパッケージ、爽やかさが伝わってきそうなイキイキとしたパッケージ。

しかも割引表示で3,000円近い価格が2,200円。カウコーヒー、隣にはコナコーヒー。

ハワイ特集か、なるほどなるほど。コナコーヒーは1,800円ほどだった事もあり、

高い物は良い物だと信じる私の心は3羽の鳥に決まりかけていた。

「ハワイを代表するコーヒー!抑えめな酸味と深いコクがクセになります!ミルクにも合いますよ!」

私の記憶が確かならば、商品説明はそう書いてあった。ミルクに合うなら、その時点でブログの内容はほとんど決まったも同然だった。

カウコーヒー詳細

カウコーヒーはさすがハワイの商品らしく、パッケージは大半が英語で書かれている。

日本語しか分からない私のヒントになるのは、ミディアムロースト、粉、そしてハワイだけだった。

物は試しだと思い、私はレジへ足を向け、意気揚々と帰宅した。

中挽きミディアムロースト

開封してみると、なんだか香りが香ばしくない。なぜだろう、ハワイはこんなものなのだろうか。

コーヒーの香りというより、草や土、自然の香りに近いような。

いや、私はまだ新参者である。知らない世界の方が多いのだから変な事は言わずにまずは飲んでみよう。

泡

泡立ちも少し違うような。香りも香ばしくないな。でも元値200gで3,000円もするのだ、きっと世界が広がるはずだ。よし、出来た。まずは一口・・・

とても酸っぱいミディアムロースト

酸っぱ!!!!!!

ミディアムローストは酸味が強い

先に勉強しておくべきでしたね。というかそれを知らずにコーヒーレビューしていてごめんなさい。
えっと、カフェオレ好きな私にはキツめでしたが、酸味とは?ということが一瞬で理解できました

改めて言わせてもらうと、セブンカフェの酸味はキレの悪い酸味。「セブンカフェ 不味い」で調べてこのブログにたどり着く方が多いのも納得しました。

カウコーヒーの酸味ですが、キレッキレです。口に含んだ瞬間ブワッと口いっぱいに広がる酸味ですが、飲み込んでしまうとサーッときれいに去っていきます。熟す前のベリーのように強い酸味。でも全然嫌な気がしないんです。ほのかに甘いですし、口当たりスッキリなんです。正直、これ凄い飲み物だなって思います。

いや、ほのかに甘いと言ってもなるほどミディアムロースト、酸っぱいです。もうちょっと行くと渋いになるほど酸っぱい。

酸味が強いくせにミルクに合う奴

このコーヒー、そのまま飲んでいくのがキツかったので、牛乳を同じくらい入れました。酸味も強いし美味しくはならないだろうなと思っていたら、これが凄く美味しい。今までの酸味の強いコーヒーは、牛乳を入れると酸味の嫌な部分だけが残って、なんとも言えない味になっていたんですが、このカウコーヒーミディアムローストだけは、酸味がきれいに消えます。

あれほど強い酸味だったのに、きれいに消えるんです。やや苦目の、遠くにかすかに酸味を感じる大人カフェオレ。

やっぱりこれ凄い飲み物だなって思います。

で、肝心の買える場所なんですが、ネット通販ほとんど売り切れていて、紹介出来るところがありません。。。
この鳥のパッケージ、探しておきますね。

この記事を仕上げている間もちょっと飲んでますが、酸っぱいです。
ただ、お湯の量をちょっと足して上げると酸っぱいのがマシになります。珈琲きゃろっと風美味しいコーヒーの淹れ方を試すと、案外スススっと行けます。でも、酸っぱい。

追記
あまりの酸っぱさに最初は豆がおかしいのかと思った程で、(結果私がおかしかったわけですが、)助けを求め色々探しているとこちらのハワイブログに答えがありました
色々お教え頂けて感謝致します。次機会があればダークローストで美味しさを確かめます。

皆様も、焙煎度合いにはくれぐれもご注意を。

ライオンコーヒー バニラキャラメル ハワイのフレーバーコーヒーが凄い!

ライオンコーヒーはハワイのお土産の定番
ライオンコーヒーはハワイのお土産の定番

ライオンコーヒー。ハワイのお土産として定番のコーヒーブランドだそうですが、1864年アメリカ・オハイオ州トレドで誕生した本土っ子でした。1979年からハワイで作り始めたみたいです。

バニラキャラメルって日本限定なんですね。近所のコーヒーショップにあったので買ってみました。ちょっと表面がきつくてハワイで云々の説明書きが無かったらご縁も無かったかも。

グアテマラホンジュラス他
豆はグアテマラとホンジュラスがメイン

このバニラキャラメル、フレーバーコーヒーなので味よりも香りがメインです。

ライオンコーヒーを開封してみた。。。!?

バニラキャラメル風というよりバニラキャラメル
バニラキャラメル風というよりバニラキャラメル

謝ります。甘く見てました。開封した途端の香りに第一声「うぉ!」。これは凄いです。フレーバーが、バニラキャラメルそのものです。アリが寄ってきそうなほど、蜂が飛んできそうなほど甘い香りが部屋中に広がります。

正直このコーヒーの香り、その辺のアロマオイルより心地いいかも知れない。ずっと嗅いでいたい、バニラキャラメルの香り。

スーハースーハーを10分くらい楽しんで、いよいよお湯を。
8gなので150mlくらいで試しました。

香りほんわかだけど・・・

香りがバニラキャラメルで、、、これ、コーヒーですかね(笑)味は酸味が無く、苦味が少しあって、香りがバニラキャラメルだけどやっぱりコーヒー。戸惑いますね。味薄いなぁと感じる場合は、舌の横奥で空気を混ぜてあげると質感が変わると思います。

バニラキャラメルの香りは、開封した時のほうが強烈で心地いいので、香りだけ楽しみたい方は開封したままのほうが良いかもしれません。

フレーバーコーヒーなので味に深みを求めるなかれでしょうけれど、意外とこういうコーヒーが好き、という方は多いかも知れません。

飲み終えた後のコップからバニラキャラメルの甘い香りがいつまでも続いて、これはまた違った余韻を楽しめました。

個包装タイプよりもペーパードリップコーヒーのほうが味が濃いのかな、評価は豆のほうが高いみたいなので、機会を見つけてチャレンジしてみます。

ローソンのコーヒー MACHI CAFEをレビュー

ローソンのコーヒー MACHI CAFE
ローソンのオリジナルコーヒー「MACHI CAFE マチカフェ」。
セブンイレブンのセブンカフェに続き、ローソンのカフェもやっぱり試さなきゃねということで、買ってまいりました。

セブンイレブンはセルフサービスですがローソンはレジの後ろにあるので都度入れて頂きます。
ブラジル、ニカラグア、タンザニア、コロンビア、グアテマラの5つの豆をドリップ。

自然にもやさしい
自然にもやさしい

ローソンのマチカフェはスッキリしていて飲みやすい

ローソンのマチカフェは、セブンイレブンに比べると、酸味がスッキリしています。香りもコク深く、ロースト感が感じられます。私はローソンのマチカフェのほうが好みです。
ただ、薄いというか、軽いというか。飲みやすい、スッキリしているけれどもガツンとは来ない。上品と言えば聞こえは良いですね。アメリカン、そうアメリカン。

ドライブなどでローソンのマチカフェを頼むと、次のローソンを見かけるまでにもう飲んでしまっているというか、何倍でも飲めてしまうような軽さです。水っぽいとも違うんですよね、難しいな。

マチカフェはマイタンブラー持参で10円引きに!

ホームページで初めて知りました。タンブラー持ち込みで10円引きだそうです。90円になります。

店内に販売されているマチカフェ

ローソンのマチカフェ
ローソンのマチカフェ(販売用)

こちら店舗内を探していて見つけました。1パックドリップコーヒー。82円。

マチカフェ オリジナルブレンド
マチカフェ オリジナルブレンド
パカッと開かないタイプです
パカッと開かないタイプです

珍しいなぁと思うんですが、コーヒー粉にお湯を直接注がない、この写真の状態のままお湯をかけるんです。片付ける時も散らかる心配が無いので、これはアイディア商品だなぁと思いました。まぁ美味しければの話ですが。

マチカフェと一緒の味と…軽さ

飲んだ感想はマチカフェじゃん!という感じです。マチカフェが好きな人はこのパッケージを探してみてください。家でローソンの味が楽しめます。
味も香りも、軽さも同じ風合いです。ビターチョコを溶かしたものとは縁遠いですが、分からなくも無いかな。飲んだ後もスッキリしています。

ちょっとでも、82円は行き過ぎだろうか。


今回ローソンのマチカフェをレビューしてみましたが、ローソンのカップ、熱くないですか?あの蓋も私はずさないと飲めなかった。セブンカフェはそんなこと無いのに。ローソンさん、カップ改良を頑張りましょう!

コトハコーヒーの新商品 オーガニックカフェインレスモカは美味しいか?

オーガニックカフェインレスも想像の上をゆく美味しさでした。コトハコーヒー、おしゃれだけじゃないですね。

新商品オーガニック+カフェインレスのモカ
新商品オーガニック+カフェインレスのモカ
オーガニックカフェインレスはエチオピア産
オーガニックカフェインレスはエチオピア産

オーガニックカフェインレスモカ、長いのでモカにしますが、まずはオフィシャル発表の商品紹介をご紹介します。

コーヒー発祥の地から届くフルーティーフレーバー 豆はコーヒー発祥の地・エチオピアから届いた有機栽培コーヒー「モカ・シダモ」。甘い香りと、独特の酸味、まろやかなコクがあり、柑橘を思わせる上品なフレーバーが特徴的です。

エチオピア産もしっかり黒い
エチオピア産もしっかり黒い
ふっくら膨らむ新鮮珈琲
ふっくら膨らむ新鮮珈琲

じっくりゆっくり香りと味が浸透するように、美味しくなるように丁寧に注ぎます。じゃばじゃば注ぐと味が薄くなりますね。

カフェインレスモカ
オーガニックカフェインレスモカの完成

オーガニックカフェインレスモカは香り良し!

柑橘を思わせる香りが確かに感じられ、上品さが伝わってきます。酸味もオーガニックコーヒーやカフェインレスコーヒーに比べて感じられます。香りもあります。苦さは抑えめです。

ただ、オーガニックコーヒーやカフェインレスコーヒーを超える美味しさか、と聞かれれば、NOかな。
美味しいかと聞かれればYESなんですが、若干物足りなさを感じます。すいません、うまくは言えないんですが、コーヒーらしい酸味があり、コーヒーらしい香りがあり、コーヒーらしい後味があるんですが、「美味しい!」まで何か足りない。

飲み終えた後の余韻が若干甘ったるい。コーヒーを飲み終えた後で水で口の中をリフレッシュしたい、飲み終えた後にそう感じます。

ミルクにもオーガニックコーヒー、カフェインレスコーヒーほどマッチするものでもありませんでした。

酸味が欲しい、そう感じる方ならばこちらをチョイスかな。温かい時よりも冷ました時のほうが美味しいと思います。そういう意味で、温度差による味の変化は凄く楽しめると思います。

カフェインレスコーヒーは美味しいか?コトハコーヒー

カフェインレスコーヒーとは何か

カフェインレスコーヒー、デカフェネイティッド、デカフェ、ディカフェ、色々呼ばれますが、カフェインが入っていないコーヒーの事です。海外では一般的とされるカフェインレスコーヒーも日本ではまだまだ発展中。

体に影響のあるカフェイン

カフェインには覚醒作用があります。目を覚ましたい、活動をしたいときにコーヒーを飲んでスッキリする人がいますが、それはこの作用のおかげです。逆にカフェインを過剰に摂取することで、カフェインの効果が薄まった際に頭痛を起こす方もいます。

また、胃酸の分泌を促す作用もカフェインにはあります。今や当たり前になりつつありますが、ブラックコーヒーを空腹時に飲まないほうが良いのは胃が荒れるからです。さらに女性ホルモンにも影響がある事が叫ばれていますので、こうした面から妊婦には相応しくないと言われているようです。

カフェインレスコーヒーを実際に飲んでみた

カフェインレスコーヒー
カフェインレスのdecaffenatedの文字。

カフェインレスコロンビア
コロンビア豆使用

コトハコーヒーのディカフェはコロンビア豆が使用されていました。

コトハコーヒー豆
コトハコーヒー粉

コトハコーヒーさん、前回に引き続き濃い目ですね。美味しそうな香りが漂います。

ふっくら膨らむコーヒー粉
ふっくら膨らむコーヒー粉
コトハコーヒーのカフェインレス
コトハコーヒーのカフェインレスの出来上がり♬

カフェインレスは美味しい新常識!

実際口コミを見ても評価高いんです。ただ、そういうのを信じない性格なので、こういうレビューサイトを作っているんですけれど。
さておき、カフェインレスコーヒー=カフェインを取り除く過程で色々置いてきたコーヒー という事が一般的なので、薄いのだろうと勝手に思っていましたが、全く薄くありません。

ローストの香りが深く香りますし、甘くて芳醇なコーヒーです。酸味も控えめです。正直これは「カフェインレスです」と言われない限り全く分かりません。カフェインレスだから美味しくない、という固定観念はコトハコーヒーに関しては当てはまりません。とてもまろやかな口当たりですし、これはあたりです

100gで800円ですしね、健康志向にしてはお手頃価格じゃないでしょうか。セブンカフェが1杯100円、こちら1杯80円ですしね。

こちらミルクにも合います。ちょっと多めに入れると美味しいと思います。冷めて来るとちょっと酸味が出てきますから、温かいうちにお召し上がりください。




↑↑コトハコーヒーはこちらから↑↑
ちなみにカフェインレスだから眠る前にも飲めてしまいます!これちょっと大きいポイントですね。